キッチン樹|真田家の兜をモチーフにした真田丼がある定食屋

地元の人に愛されている定食屋「きっちん樹(いつき)」。

真田家の兜の形をモチーフにした「真田丼」というものがある定食屋で、真田丼がどんな丼なのか気になりましたので行ってみることにしました。

広告

キッチン樹ってどんなお店?

キッチン樹は、上田城跡後園の北側駐車場入口すぐ隣りにある定食屋です。

ご夫婦二人で営んでいて、お店はいつも常連客で賑わっています。

駐車場は、お店前に車が2〜3台停められるスペースがあります。

お店に入ると優しい感じの女将さんが出迎えてくれて、お好きな席へどうぞと案内してくれます。

店内にはカウンター席、テーブル席、お座敷席があり、とても清潔感ある居心地が良い雰囲気のお店です。

キッチン樹のお食事メニュー

お食事メニューは、ラーメン、トマトラーメンなどの麺類や、カツカレー、カツ丼、とんかつ定食などのかつ系や、しょうが焼き、いわしフライ定食などの様々な定食メニューがあります。

お酒のおつまみにも良い単品メニューや、カフェとして利用できるコーヒーやソフトドリンク、チーズケーキ、ケーキセットなどもあります。

キッチン樹の「真田丼」はこれだ!

目当ての真田丼は、キュウリで兜の角を作り、ちくわで真田家の家紋「六文銭」をイメージした、みそカツ丼です。

写真だと分かりづらいですが、結構大きめのどんぶりに、ご飯ぎっしり敷き詰められたみそカツ丼になります。これだけでお腹いっぱいになる量だなと感じる丼物になります。

早速味噌カツを頂くと、カツがすごくサクサクしていて、中のお肉が柔らかく、脂の重みを上手くお肉に巻かれたナスがカバーするかのような感じで、甘い味噌と程よい旨みあるお肉が美味しい味噌カツです。上に乗っているシソもカツをさっぱりさせてくれて良いですね。

家紋をイメージしたこのちくわの周りについていたのは、まさかの「きな粉」になります。面白い組み合わせだなと感じました。

味噌汁は刻んだキノコや豆腐、油揚げなど様々な具材が入った味噌汁で、優しい味の味噌汁です。

キッチン樹の「メンチカツ定食」はこれだ!

常連さんは、真田丼はほとんど頼まず、他の定食を頼んでいましたので、こちらもご紹介します。

大きめのメンチカツ2つに、野菜とマコロニサラダ、漬物、味噌汁、ご飯がついたメンチカツ定食になります。こちらもボリュームがある定食になります。

メンチカツは周りの衣がサクサクで、中のお肉はギッシリ詰まっていて、口に入れるとお肉の旨味が口いっぱいに溢れるとても美味しいメンチカツです。ソースを掛けなくてもしっかり味がついていて美味しいですね。

そして、マカロニサラダも甘くなく程よい味付けの私好みのマカロニサラダでした。

キッチン樹の感想とおすすめポイント

キッチン樹はお店の雰囲気がとても良く、揚げ物がどれもサクサクで美味しい定食屋でした。見た目が楽しめる真田丼もおすすめですが、他の定食もオススメできるお店です。

上田城跡公園に遊びに行った際には、こちらの定食屋さんでランチを取るのも良いと思います。

キッチン樹の営業時間とアクセス情報

営業時間:11時から21時まで
定休日:火曜日
電話番号:0268-21-0260
住所:長野県上田市中央西1丁目3−37
アクセス:

気さくな女将さんが素敵な街の定食屋さん

気さくな女将さんがいる定食屋さんは、お一人で利用でするのにもオススメな定食屋です。常連さんの中には、電話でおかずを注文して、後ほど取りに来てお持ち帰りする人もいる、地元に愛された定食屋になります。

カフェもやっていますので、上田城跡公園に遊び行かれた際には、ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。



最新情報をチェックしよう!
広告