上田市に住んでみて|寒いぞ長野県!部屋の寒さ対策

この上田市に住んで初めての冬が訪れようとしています。

11月下旬ですら夜は氷点下になったり、、、

こんなに早く寒くなるとは思ってもいなかったです。東京にいたときに買った秋服の出番がほとんど無くて、日中でも10度以下でもう冬服で良いでしょと思うくらいです。

今回、そんな上田市に移住してきた方でも部屋の中を温かく過ごせるグッズを紹介いたします。

広告

窓にプチプチを貼る

部屋の中で一番温度を下げている原因が窓です。この窓をどうにかしないとどんどん部屋の温度は下げられてしまい、光熱費をあげる原因にもなります。

そこで早速対策したのが、窓にプチプチを貼ることにしました。

安いプチプチを考えていたのですが、寒さ対策のプチプチは両面が平で、これじゃないと断熱効果が下がってしまうとのことでしたので、しっかり断熱効果がある窓に貼るようのプチプチを買いました。

外から見られても見栄えが悪くないように今ではデザインが入ったものがあり、コチラのほうが良いなと思い選びました。

インターネットだと絵が書いてあるだけでなく、プチプチ部分自体がオシャレで目隠しになっていて、UVカット機能も付いている物があるようです。

私も上のものを買えばよかったと感じています。。

そして、ガラス部分だけでなく、窓枠のサッシ部分にも断熱シートを貼るとより効果が高いようです。

サッシ部分に貼るかどうか見た目的に私はやめておきました。ある程度、オシャレが良いなと思ったので。

窓際あったかパネルを設置

大きな窓には、プチプチを貼るのはちょっとなと思う方に、窓際、特にカーテン下の冷気をストップするパネルがおすすめです。

上の場合、分かりやすいようにカーテン前に設置していますが、カーテンの中にパネルを設置して良いです。目立たなくなります。

これにより、カーテン下からの冷気をストップして防寒効果を高めます。

石油ストーブを使う

結局、断熱グッズだけだと部屋を暖めるものが無くて暖かくなりません。エアコンで部屋を暖めることもできますが、温度が低くなりすぎると、家庭用のエアコンだけでは力不足になってしまいます。

そんなときに必要になるのが、石油ストーブです。長野県に住むには必需品ですね。

特に私がオススメしたいのが、ダイニチ石油ストーブFW-5618L(もしくはFW-5617L)になります。

なぜこれが良いかというと、1つ目のおすすめポイントは石油ストーブとの暖かくするパワーが普通と違うというところです。この石油ストーブは、木造15畳まで、コンクリート20畳まで暖かくでき、これ1つあれば賃貸の部屋であれば全体を暖めることができます。

2つ目のおすすめポイントは、エコ機能が付いていて、目標の温度に達すると自動で停止して、寒くなったらまた付いてくれる機能があり快適に節約が出来る点になります。

3つ目のおすすめポイントは、灯油タンクが9Lで給油回数を減らすことが出来る点です。エコ機能に加え、大容量の灯油タンクで月に2回ほど給油すれば済むので大分楽になります。

4つ目のおすすめポイントは、上の機能が揃っている中で価格が安いというところです。

石油ストーブ購入とともに買った石油を入れるタンクと給油を楽にしてくれるポンプがあると良いです。

灯油タンクは近くのホームセンターで購入でもいいですし、運ぶのを楽にしてくれるタイヤ付きの給油タンクもあります。この給油タンクは持ち運び楽なのはもちろん、もう一つ買って上に積み重ねることができるので収納を楽にしてくれます。

created by Rinker
タンゲ化学工業(Tange-kagaku-kougyou)

給油ポンプは、ボタン一つで自動で入れてくれて、満タンになると停止するものがオススメです。ボーッとしている間に満タンまで入れてくれるので、給油時の作業がそこまで苦ではなくなりました。

足元を温かく部屋用の靴下を履く

やはり部屋の中の寒さの中で一番寒いと感じるのが足元です。絨毯を敷いたり、スリッパを履いたり対策できますが、一番安価で効果があるのが、ルーム用の靴下を履くということです。

女性で対策を取っている方は多いですが、男性で対策をしている方は少ないようです。

履いてみるとその暖かさを実感できるので、是非男性の方も買ってみて試して下さい。

これで長野県の部屋の中の寒さ対策は万全ですね!

これだけで今の所、私は部屋の中の寒さについては問題ありません。

もっと寒い時期になって、他に必要な対策が出てきたら、そちらもご紹介したいと思います。

寒いなとお困りの方は、是非、今回の寒さ対策を試してみて下さい。



最新情報をチェックしよう!
広告