日帰り温泉 あいそめの湯|美肌効果がある別所温泉の湯

別所温泉駅から歩いて1分のところにある「あいそめの湯」は、地元の人から愛される別所温泉にあり日帰り温泉です。

どんな温泉か知りたかったので行ってみました。

広告

あいそめの湯とは

あいそめの湯は、昭和47年に上田市営の温泉施設「相染閣」として誕生しました。
その後、施設の老朽化に伴い、平成20年(2008年)5月に、新たに施設を建て替え「あいそめの湯」としてオープンしました。
リニューアルに伴い、入浴施設の他に、岩盤浴、足湯、多目的ホールなどもできました。

現在(2018年9月時点)では、足湯は工事中の為、使用できませんでした。

あいそめの湯は、別所温泉の外湯3箇所と同様の泉質と効能があり、皮脂を溶かして古い角質層を軟化させ、肌がすべすべになる効果があります。

あいそめの湯に行った話

あいそめの湯の施設に入ってすぐに、地元産の野菜やお土産が売られていました。

ここでの買い物までは、無料でもできそうですが、施設内は有料のため、お金を支払います。

大人入館料500円、小中学生は250円と比較的安い入浴料になります。また、岩盤浴は入浴料プラス500円になります。

そして、施設内を探索する前に早速お風呂に入りに行くことにします。

さすがに脱衣場内や浴槽、露天風呂までは撮影できませんので、以下のサイトにてお風呂の様子をご確認ください。

別所温泉公式サイト「あいそめの湯」ページ

そして、1時間ほどでお風呂を上がってきました。浴槽にお風呂が1つ、露天風呂に大きめのお風呂1つと壺風呂2つがありました。

お風呂の温度は、そこまで熱くなく、長くゆっくり浸かることができるお風呂でした。天候によって濁り具合が変わるようで、本日は雨だったため、お風呂の湯はわずかに白く濁っていましたが比較的透明に近かったです。

洗い場はたくさん用意されていて、混雑していてもすぐ利用できるほどの数がありました。

体はポカポカと温まりました。

お風呂を上がったらやっぱり牛乳でしょ!と思い、施設内をくるくる周り、自販機コーナーに牛乳を発見しました。

A濃厚エースミルクが付箋でオススメされていたので、こちらを購入しました。

書いてある通り、飲んだら濃厚で甘くて美味しい牛乳でした。飲むと一瞬だ!

やっぱりお風呂で温まった体には冷たい牛乳だな!と飲んで満足していました。


大広間

ラウンジ

施設内は、ゆっくりできる所がいくつか用意されており、横になりたい人は大広間を利用し、おしゃべりしたい人はラウンジを利用しているような形になっていました。

大広間の右手には、フリードリンクで温かいお茶や冷たいお茶、水が置かれていますので、こちらで飲み物を頂いて大広間でゆっくりしても良いですね。

ラウンジにあったお食事メニュー
ラウンジにあったりんご黒酢+はちみつとアイス

ラウンジにはメニューが置かれていて、こちらでお食事を取られている方もいました。

食事は、売店に伝えて、運んできてもらうようです。

売店をよく見てみると、奥に牛乳が置かれていますね。

ないと思って、自販機コーナーに行きましたが、こちらでも牛乳が買えるので、お探しの方は売店のほうがお風呂を出てから近いので、こちらで購入するほうが良さそうです。

また、田舎ならではの手作りの食べ物が売っています。

よく地方に行ったときは、私はこういうのを食べるのが好きなんですよね。どんな味がするのか楽しみで。

ラウンジ横には、安楽寺の国宝八角三重塔の模型が置かれています。

ものすごく丁寧に細かく造られていて、こちらは改修工事するときに造られた三重塔?なのかなと思います。

あいそめの湯には、たくさんの訪れた芸能人のサインが飾られています。

別所温泉の共同浴場「石湯、大師湯、大湯」だと狭くて少し抵抗があるという方はこちらの共同浴場を利用するのもありかと思います。

あいそめの湯の料金・営業時間・アクセス情報

入浴料:一般500円、小中学生250円、未就学児童無料(障害者手帳をお持ちの方は大人250円、小中学生120円)
岩盤浴料:一律500円(作務依、敷きタオル、フェイスタオル貸出し料金を含む)

営業時間:10時から22時まで ※入館受付は21時20分まで
休館日:毎月第2・第4月曜日(第2・第4月曜日が祝日の場合は翌日が休館日)

電話番号:0268-38-2100
住所:長野県上田市別所温泉58
アクセス:

あいそめの湯のおすすめポイント・まとめ

別所温泉駅を出て斜め目の前にある「あいそめの湯」は、地元の人からも愛されている温泉で、日帰りで別所温泉の湯に浸かってみたい人にオススメな温泉施設です。

別所温泉街にある3つの共同浴場だと、家族皆で入るのはちょっとという方には特にオススメしたい施設になります。

別所温泉のいろんな文化財の建物を見て回った帰りに、疲れをここの温泉で流してから帰るのも良いかと思います。



最新情報をチェックしよう!
広告