真田町 駅前食堂|ぽっぽや定食

真田町にある老舗「駅前食堂」。名前から駅前にあるかと思いきや、もう駅は存在していない、お店だけが人気で残っている状態の食堂になります。

そこで人気なのが昔ながらのラーメンや、もつ煮ということですので、早速食べに行ってみましたのでご紹介します。

広告

駅前食堂のアクセス・営業時間


駅前食堂をGoogleマップで見る

ジャンル:ラーメン、もつ煮
住所:長野県上田市真田町本原914-11
電話番号:0268-72-2535
営業時間:昼11:30〜13:30、夜17:00〜20:00
定休日:日曜日

駅前食堂ってどんなお店?

駅前食堂は、国道144号線沿いにあり大きく看板を掲げてあるわけでなく、お店の上の看板も消えかけているため、初めて訪れる方には分かりにくいお店になります。

地元の人ですごく賑わっているお店で、ランチ時に行くと混みすぎていて、大きめの駐車場も停めるところがないくらいの地元で人気のお店になります。

近づくとこんな様子です。暖簾の駅前食堂の「堂」の部分が捲れていますが、これは通われているお客様が入りやすいように捲るそうです。

元々あった名前の駅名は「北本原」駅で、この駅は1972(昭和47)年に廃止された上田交通真田傍陽線(さなだそえひせん)の1つの駅になります。

駅跡はここ真田町だけではなく、上田城跡公園の中にもこの路線の駅ホームが残っています。

店内はカウンター席、テーブル席、小上がり席があり、昔の食堂としては大食堂ともいえる広さの食堂になります。

壁には昔の写真が飾ってあり、ノスタルジーを感じるお店です。

駅前食堂のメニュー

メニューはテーブルには置いてなく、壁のメニューを見て注文する形になります。

当店自慢が醤油ダレの「カツ重」で、SBCテレビ山崎アナウンサーが命名した「ぽっぽや定食」や、ラーメン、うどん、カツ定食、カレーライス、もつ定食などがあります。

口コミで人気なのが、ラーメンともつ煮込みでしたので、それがセットになった「ぽっぽや定食」を注文しました。

駅前食堂の「ぽっぽや定食」

ぽっぽや定食はイメージしていた通りの定食という感じのルックスです。注文して運ばれてくるまで混んでいてもとても早かったです。

ラーメンにはレンゲはついていません。そのままスープを飲む形になります。

スープはシンプルな醤油味で、想像通りの期待を裏切らない味ですね。

麺はもちっとしていて、普通に美味しいという麺になります。

チャーシューはスープに合うチャーシューで、こちらもイメージに近い味になります。

もつ煮込みは、ほんのり臭みがあるもつ煮で、程よい味付けのもつは食べているうちに癖になってきて、ご飯がよく進む味です。

味はどれも懐かしい感じの味というもので、全体的に毎日食べていても飽きが来ない味付けの御飯屋になります。

まとめ:昔から愛されている地元の定食屋

駅前食堂は、平日ということもあり店内に入ると地元の人という感じのお客さんが多く、利用客のほとんどが男性のお店でした。

店内は歴史を感じるものが所々残っていているので、それを見るだけでも楽しめるお店になります。

▽こちらの記事もおすすめ

ラーメンまとめ

上田市といえば、長野県を代表するグルメ「信州そば」やソウルフードの「あんかけ焼きそば」の有名なお店がいくつもありますよね。でも、それに負けないぐらい美味しいラーメン屋も多くあるんです!今回、そんなラーメン屋を上田市をほぼ毎日食べ歩い[…]



最新情報をチェックしよう!
広告