みすゞ飴 本店|観光スポットにもなる歴史的建物!100年愛される水飴

みすず飴は、長野県、特に上田市周辺のお土産として販売されているゼリー水飴です。
100年以上の歴史があり、上田市にあるみすず飴本店は、国登録有形文化財にもなる昔ながらの建物で、上田市で代表する観光スポットとしても親しまれています。

そんなみすず飴本店を今回、ご紹介いたします。

広告

みすず飴の歴史

みすず飴の飯島商店は、文化13年(1816年)に現在の位置から2キロほど離れている柳町で、個人商店「油屋」として創業しました。

それから、明治33年(1900年)五代目当主「飯島新三郎」の手により、冠水米からデンプンを精製し、それを原料にして水飴の製造を開始しました。

この時、水飴の売り先として目をつけたのが、当時創業したばかりの森永製菓のミルクキャラメルで、このミルクキャラメルが大ヒットし、森永製菓は急成長し、水飴を提供していた飯島商店もまた急速に規模拡大をすることになります。これが個人商店「油屋」から会社組織「飯島商店」への転換になっていくのです。

明治末(1910年頃)みすず飴の原型である信州特産の果汁を加えて製する「翁飴(おきなあめ)」の製造を開始しました。

その後、飯島商店は原料水飴下請け会社から脱却に向け、自社のオリジナル商品の開発に専念していき、大正8年(1919年)に現在の株式会社化になります。そこから、現在に至るまで、同様の思想の商品を開発販売し、現在に至ります。

現在のみすず飴本店は、明治21年(1888年)に上田駅の開業に伴い、現在の駅前に移転し、大正13年(1924年)に新社屋として、現在、国登録有形文化財にもなっている建物を建てました。

みすず飴に行った話

みすず飴 本店の駐車場

みすず飴の本店の駐車場は、上田駅お城側、線路に並行する県道77号線沿い、株式会社 飯島商店の横にその駐車場はあります。

分かりにくいため、行ってみたい方は、上記、マップの場所を目指して行ってみてください。

駐車場は地下にあり、10台程停めることができる広さになります。この日は、休日でしたが、駐車場を利用している方は少なかったです。

みすず飴 本店 外壁

みすず飴の本店は、地下駐車場から出てきて左側に信号を渡らずぐるっと周ったところにあります。

中は木造、外壁は「石目地」と呼ばれる表面をざらざらに仕上げる壁塗りの建物になります。見た目は完全に石造りの建物ですね。

当時は、洋風文化が日本に流行り始めた頃で、盛んに建築にも洋風なものが取り入れられていました。しかし、建築工法の世界では、様式建築の知識は一般的ではなく、日本古来の木造様式が主流でした。

そこで、得意とする木造建築の知識を駆使して、洋風建築を実現しようとする和洋折衷の独自技術が発達し、この店舗も石目地作りで、和洋折衷の時代だった大正モダニズムの建物になっています。

入り口の左側には、国登録有形文化財のマークが設置されています。また、入ろうとするとドアマンが扉を開けて、お客様は扉を触ることをせずに中に入ることができます。

みすず飴 店内

店内は歴史を感じる内装になっていて、照明や家具、インテリアも昔ながらのものでした。

レトロ感がとても素敵な店内ですね。これだけでも満足です。

みすず飴 商品

みすず飴は、飴だけでなく、ジャムも販売していて、全ての味が試食することができます。

ここのジャムはとてもまろやかな甘味で、お土産としても喜ばれるジャムになります。

私も遠方にいる知人のお土産としてよく利用します。

350グラムと580グラムで選ぶことができます。580グラムの大きめのものでも飽きずに食べきることができますのでオススメです。

また、お湯に薄めてジュースにすることもできます。

こちらはみすず飴になります。箱のものから小さい袋に入ったものまで、たくさんの種類がおいてあり、自分用やお土産用の用途に合わせて購入することができます。

こちらも試食ができます。ゼリーのような食感で、甘く果物の風味がしっかりしていてとても美味しいです。家にあったらどんどん食べてしまいます。(この日も自宅用に購入しました)

また、こちらにはみすず飴の生ゼリーが売っていて、通常のみすず飴よりも更に美味しいです。

冷蔵での持ち運びが必要ですので、お土産にはちょっと不向きです。しかし、とても美味しいので、自分用だったり、家族に対してのお土産には最適だと思います。

こちらは人気なので、試食がすぐに無くなってしまうこともありますが、是非一度、召し上がってみることをオススメします。

みすず飴 本店の営業時間・アクセス情報

営業時間:10時から18時まで
定休日:1月1日、12月31日午後
電話番号:0268-75-7620(ご来店用)
住所:長野県上田市中央1-1-21
アクセス:

みすず飴 本店のおすすめポイント・まとめ

みすず飴本店は、国登録有形文化財にもなる建物で、行って見る価値だけでもあるお店です。また、店内では、どの商品も試食を出していて、お土産選びも味をしっかり確かめた上で買うことができるので安心です。

店内のスタッフは、無理やり売りつけるようなスタイルではなく、親切で優しい感じのスタッフさんばかりなので、気持ちよくお買い物ができるかと思います。

是非、一度、上田に来られた際には、「みすず飴 本店」に足を運んでみてはいかがでしょうか。



最新情報をチェックしよう!
広告